楽堂のブログ Rakudo's Blog

バードカービングと木象嵌、二足のわらじを履く内山春雄のブログ Bird Carving and Wood Inlay by Haruo Uchiyama

バードカービングと木象嵌、二足のわらじを履く内山春雄のブログ Bird Carving and Wood Inlay by Haruo Uchiyama

木象嵌 Wood Inlay

ウミスズメの木象嵌の完成


塗装

木象嵌の木の美しさを引き出すためにニスを二度塗りします。

一度塗って、乾いたところで1000番のサンドペーパをかけ二度目のニスを塗ります。

粘着テープ

塗装が完全に乾いたところで、最後に緑の粘着テープを木象嵌の周りに張ります。

10ミリ幅の粘着テープがないため、カッターナイフを使い60ミリ幅のテープから切り出します。

これが単純なようで正確な10ミリ幅のテープがなかなかできない。

ウミスズメ5種の木象嵌の完成

大槻さんがきっかけを作ってくださり、箕輪さんが原図を書いてくれ、私が木象嵌を行うという今までにない仕事でした。外国からの多くの反応があり、マニアックな図柄ですがウミスズメは人気があるのに驚きです。


雑記2

ボヤ騒ぎの記事でご心配をかけました。

溶接の火花が屋根裏に落ちて、しばらくくすぶってから気が付いてバールで天井に穴をあけたため、一気に酸素が入り燃え上がったようです。幸いホースで水を屋根裏にかけて沈下しましたが、おいらの工房は[イブリガッコ]の臭い。大工さんは「コイツハキツイナー」と出て行ったと思いきや、しばらくして「消臭剤を屋根裏にかけてみみよう」大工さん穴の開いた天井に首を突っ込んで消臭剤をシューシュかけて、「またあとできます」と仕事に戻っていった。

肝心の溶接の方は「今日はココマデダーー」と仕事中断。

こちらも6時で仕事を終えて、懐中電灯で屋根裏を点検し完全に消えているのを確認したが、夜中になって気になり2回も起きて天井裏を覗きに行った。

しばらくの間、天井には穴の空いたままで、カモミールの消臭剤がお守りのように置いてあった。

現在、屋根は出来上がり[イブリガッコ]臭もなくなり、かすかにカモミールの香りの中で仕事をしています。



ウミスズメの象嵌の仕上げ


裏面にもヅクを貼る

ウミスズメの作品の裏に桜の木のヅクを貼る。一部クスノキのヅクも貼ってみた。

ここで最終的な作品の数がわかる。

完璧な作品の数がなんと90枚。

80枚を目標としていただけに、大成功だ。

悲しい一枚

私のスラスサーは機械というるほどのものではなく、居合と体重移動だけでスライスします。

気が散るとご覧のように完璧なズクにはなりません。

人間の気合いとは恐ろしいものがあります。

今回は、オシャカは一枚だけで済みました。

ウミスズメのアップ

月曜から作品に塗装をしたり最後の仕上げをします。

90枚の作品を見てみると、少しづつ杢目が違うので顔つきまで違って見えます。

私が気に入ったウミスズメ。

今回のウミスズメの選木図を急いで書きます。




とうとうウミスズメの木象嵌の完成


これは昨日シナベニヤにズクを圧着したところ

今日は、裏に桜のズクを圧着して表面に透明ラッカーを塗り、サンドペーパーをかけ、再度ラッカーを塗る。完全に乾いたところで緑の粘着テープを周りに貼ったら出来上がり。

ウミスズメ5種の木象嵌の出来上がり
今回は、大槻さんからのリクエストで箕輪さんが原図を書いてくださり象嵌するという、今までにない仕事でした。とてもマニアックな鳥ですが面白い仕事でした。

このウミスズメの木象嵌に興味のある方は連絡ください。


雑記

この仕事中に工房の屋根を直すことになり、頭の上で3人の職人がドタドタ、ガンガンにぎやかで、そのうちに何やら焦げ臭い臭いがしてきた。そのうちに「タ、、、タイヘンダ、天井から煙が出てきた、、」

「ミズ、、ミズを持ってこい、、、」「火元はどこだーーー」

どやどやと工房にバールと脚立を持ってきて、天井板に穴をあけ「火元はココジャネーヤー」「コイツカ」また違うところに穴をあけ「コ、、ココダーーー」

てなわけで、天井裏にホースで水をかけ、鎮火はしたけれど、、、、工房は水浸し、、、、、

見て見ぬふりして、黙々と木象嵌に励む私でした。

今は屋根も工房の天井もきれいになりました。雨漏りましで快適です。


ウミスズメの木象嵌を貼る


ボンドをシナべニヤに塗る

シナべニヤは表面が美しく、そりが少ないので象嵌の台紙には最適だ。

ガラス板にボンドを載せ、ローラーに均一にボンドをつけ、シナべニヤに平均にボンドを塗る。

象嵌のヅクを貼る

シナべニヤのボンドが生乾きになったタイミングで裏返しのヅクの上に置く。

プレス

ヅクの上に乗せたシナベニヤをブリス機に入れ、圧着する。

ウミスズメの木象嵌がほぼ出来上がる

これで表の面が出来上がり、裏面に桜のヅクを貼り、塗装をし、周りに粘着テープを巻けば出来上がる。

余談

ウミスズメのスライスの前に小田原から依頼があった象嵌を2点スライスをし、ウミスズメをスライスしたため、2日間全身で腕立て伏せを300回したようなもので、今日は筋肉痛で腕もお腹も痛いのなんの。

私の原始的なスライサーは体力がいる。


ウミスズメの木象嵌のスライス


いよいよ木象嵌をスライスする。

出来上がったウミスズメの木象嵌(種板)を、厚い板に張り付ける。



私の手製のスライサー。

厚板に麻のロープを巻き、ギアーモーターで引っ張る。(左ての箱は前進後退のスイッチ)



全神経を種板に乗せる。

全体重を種板に乗せ、前進のスイッチ入れる。今どの位置をスライスしているかを考え、体重移動をする。

下からスライスされた象嵌が一枚落ちてくる。

セン鉋の刃の出具合で左右の厚みが違ってくるので、スライスされたズクを触って検査する。

スライスされたズク

0.18ミリにスライスされたウミスズメのズクは一枚の紙のように広げることが出来る。

とても破損しやすいので、丁寧に広げ薄板にはそんで軽くプレスしておく。

明日はウミスズメの木象嵌が完成です。


別件

以前放送したNHKの「ダーウィンが来た」の再放送が決まりました。

12月23日(火)午前5時15分からで「パラオの異色カップル絆よ永遠に」の中で盲学校でのダーウィンの進化論の授業です。

朝早いので録画してみてください。



ギャラリー
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
  • ハワイ島でのバードウオッチング2017.9
Comments in English
are also welcome!
メッセージ
  • ライブドアブログ